9月の「ものづくり療育」

9月のものづくり療育は9月18日「敬老の日」のプレゼントに

「メガネ置き」を作りました。

軍手をハサミで切ったり、マスキングテープでデコレーションをしたり

貼れるフェルトを自分の好きな形に切って貼ったり

油性ペンでおじいちゃん・おばあちゃんへ感謝の気持ちを書いたりと

個性豊かな手作りの世界でたった一つの「メガネ置き」が出来上がりました!

8月の「ものづくり療育」

8月の「ものづくり療育」は "夏休みの思い出"を絵にしてもらいました。

夏休みに印象に残っていることを思い出してみんなそれぞれ、素敵な絵を描いてい

ました。広島の原爆ドームや、サファリパーク、水族館、家族と魚釣り、花火、

誕生日会と、個々の思い出をクレヨンマジックペン水彩絵の具など使って

みんな上手に仕上げていました。

描いているときは、絵の思い出のエピソードを真剣に話してくれたりと

同時にコミュニケーションも指導員と沢山とることができました!

7月の「ものづくり療育」

7月の「ものづくり療育」は
コケコッココップ"を作りました!

紙コップに糸がついているだけなのに濡れたタオルで糸を引っ張ると
ニワトリの様な鳴き声に!!

「音」が空気の振動で耳の中にある鼓膜が震え「音」として
感じるということを最初にみんなで勉強しました。
紙コップの大きさや糸の太さを変えると「音」が変わるという
実験も実施しました!

ニワトリの他に・・・ワニ、カラス、ライオン、ドラゴン と
自分オリジナルのコップを作っている生徒もいました。

この"コケコッココップ"は学校の「自由研究」にも最適で
「学校に持っていく!」という生徒さんもいました!

完成した後、糸の引っ張り方によって
色々な鳴き声が聞こえる現象にとても楽しそうに遊んでいました。

6月の「ものづくり療育」

6月の「ものづくり療育」は 七夕飾り を作りました。

七夕の由来の勉強をした後、短冊に願い事を書いて笹に飾ったり  

折り紙で七夕飾りを作ってみんなで華やかに飾りました。

短冊への願い事では                      

字がきれいに書けますように」や「将来、〇〇になれますように

書き、とある生徒は最後に「かみさまおねがいします」 

お願い事をかなえてください」と、書いている生徒もいました。 

みんなの願いが叶いますように・・・

 

5月の「ものづくり療育」

5月の「ものづくり療育」は、いつも頑張っているお父さんに「ありがとう」の気持ちを込めて「うちわ」をつくりました!お父さんの似顔絵を描いたり、自分の好きなイラストを描いてお父さんへの「ありがとう」のメッセージを書き完成させました。

普段見れない一面を見せてくれたり「こんなに絵が上手に描けるんだ!」といった子供たちのいいところが発見できました。