7月の「ものづくり療育」

7月の「ものづくり療育」は
コケコッココップ"を作りました!

紙コップに糸がついているだけなのに濡れたタオルで糸を引っ張ると
ニワトリの様な鳴き声に!!

「音」が空気の振動で耳の中にある鼓膜が震え「音」として
感じるということを最初にみんなで勉強しました。
紙コップの大きさや糸の太さを変えると「音」が変わるという
実験も実施しました!

ニワトリの他に・・・ワニ、カラス、ライオン、ドラゴン と
自分オリジナルのコップを作っている生徒もいました。

この"コケコッココップ"は学校の「自由研究」にも最適で
「学校に持っていく!」という生徒さんもいました!

完成した後、糸の引っ張り方によって
色々な鳴き声が聞こえる現象にとても楽しそうに遊んでいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です