夏かぜ特有の症状に要注意!

夏の風邪の症状は「腹痛」「下痢」「嘔吐」などの腸の不調から始まりることが多いようです。

また、のどが腫れ食べ物を飲み込むことが出来ない程強い痛みを訴える症状も夏かぜの特徴のひとつです。

ウイルスに感染している子供の唾やくしゃみなどの飛沫や排斥物に触れると、あっという間に感染してしまいます。特に夏かぜの特徴的な症状をみせるプール熱はプールの水からウイルス感染することがあります。

夏かぜを予防するには、手洗いやうがいはもちろん充分な睡眠と栄養化の高い食事を摂ることが重要です。日頃から、お子様の様子をしっかりと把握し、暑さによる体力の低下などいつもと違う様子がみられたら、無理せず安静にし、まずは早めに医療機関を受診しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です